日本フットボール学会20th Congressの開催にあたって

20th Congress 実行委員長
宮城 修(大東文化大学)

 日本フットボール学会は、2003年にフットボールの研究に携わる研究者の有志による呼びかけによって200名からなる会員で創設され、記念すべき1st Congressが2004年3月に上智大学で開催されました。
 その後、フットボールの科学的発展に寄与して、それらの成果を会員相互による双方向の橋渡しを理念として、毎年コングレスや研究会の開催、そして「Football Science」や「フットボールの科学」といった学会誌の発刊に努めてきました。これらの活動を通し、本学会は今年で20周年目を迎え、現在の会員数は約400名となりました。

 今年度開催する20th Congressは2023年3月11日(土)、12日(日)の両日、大東文化大学東松山キャンパスにおいて、対面形式で行います。20th Congressのテーマについては「フットボールサイエンスの潮流と未来 ~日本フットボール学会設立20周年の節目に~」と設定し、フットボールの各研究分野に関する過去・現在・未来について、コングレスを通してディスカッションしていきたいと考えています。もちろん、一般研究発表(口頭・ポスター)によって報告される新しい知見もフットボールの科学的発展にとって重要であります。
 シンポジウムでは「日本における大学フットボールの過去・現在・未来」、そして「フットボールサイエンスの潮流と未来」を企画しており、これらの内容は(公財)日本サッカー協会のリフレッシュ研修会、そして(公財)日本ラグビーフットボール協会の「スタート・育成・強化コーチ」のブラッシュアップ研修会として認定されるように準備を進めています。

 是非、多くの会員の皆さんに参加していただき、フットボールの発展に少しでも貢献していきたいと考えています。なお、20th Congressに関する内容については、本学会のウェブサイトに随時更新していきますのでご確認ください。